【ラフプレー】ミャンマー代表の大迫へのタックルがひどいと話題に

2019年9月10日に行われた「ミャンマー対日本代表」で、日本代表FW大迫勇也に対するミャンマー代表のタックルがひどいと話題になっています。

日本の絶対的エースである大迫勇也に対して、後ろからカニばさみのようなタックルを仕掛け、このタックルに対して大迫勇也はさすがに怒り相手に詰め寄りました。

このタックルに対してイエローカードが出ましたが、一歩間違えれば危険なプレーでした。

ネット上では「大迫勇也に何する」「大迫削られそうだから代えよう」「ミャンマー代表荒すぎる」「ミャンマー代表汚いわ」といった声が上がっています。

2019年9月10日に行われた「日本代表対ミャンマー戦」で中島翔哉が見事なミドルシュートを決め、日本代表が先制に成功しました! 前半1...
スポンサーリンク

【ラフプレー】ミャンマー代表の大迫へのタックルがひどいと話題に【動画】

このプレー以外にも、前半40分ごろにゴール前の混戦で、吉田麻也が3人からジャンピングエルボーを喰らいました。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

2019年9月10日に行われた「ミャンマー対日本代表」で、前半40分ごろに観客がピッチに乱入しました! ネット上では「ミャンマー人民度...
2019年9月10日に行われた「日本代表対ミャンマー戦」で中島翔哉が見事なミドルシュートを決め、日本代表が先制に成功しました! 前半1...
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド