【オリンピック初戦】日本対南アフリカ戦の審判が酷いと話題に

2021年7月22日に行われた東京オリンピックグループステージ初戦「日本代表vs南アフリカ戦」の審判が酷いと話題になっています。

この試合の審判団はベネズエラ出身の方々でした。堂安に対するイエローカード、南アフリカのオーバーリアクションに対して日本のファウルを取るなど、やや日本に不利なジャッジが多く垣間見えました。

ホーム開催であるにも関わらず、まるでアウェーのような審判の日本に対するジャッジに、ネット上では不満の声が上がっています。

なお、試合は久保建英のスーパーミドルシュートで日本代表が1-0で勝ちました。

ネット上では「南アフリカ戦の審判ひどいだろ」「日本にイエローカード出しすぎ」といった声が上がっていました。

スポンサーリンク

【オリンピック初戦】日本対南アフリカ戦の審判が酷いと話題に

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました