鹿島アントラーズ、VAR(ビデオアシスタントレフェリー)の判定により歴史的PKを獲得する

クラブワールドカップ2016準決勝「鹿島アントラーズVSアトレティコ・ナシオナル」の一戦において、鹿島アントラーズがFIFA主催試合では今大会で初めて導入されたVARの判定によりPKを獲得しました。

このPK獲得で、鹿島アントラーズが南米王者に対して先制点を奪いました。

スポンサーリンク

VARとは?

VARとは、映像副審(video assistant referees、VAR)の略です。

2016クラブワールドカップでビデオ判定技術をFIFA主催大会で初めて導入されています。

この映像判定により微妙な判定やライン際ギリギリでゴールが入ったかどうか、正式なジャッジを行うことが可能になりました。

鹿島がVARの判定でPKを獲得

上記の映像を見ると分かる通り、審判がビデオを確認したあとに、鹿島がPKを獲得しました。

映像を確認すると、たしかに相手が西選手をひっかけており、ファールでした。

みんなの反応

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド