【サッカー】サイドバックの役割・動きは超重要!攻守においてキーを握るポジション

サイドバックといえば誰を思い浮かぶでしょう?日本代表なら右サイドバック・長友選手・左サイドバック・ウッチーこと内田選手が知名度が高く人気選手ですよね。
海外でいうならマルセロ・エヴラ・ラーム・ジョルディアルバといったワールドクラスの選手たちが担当しているポジションです。
今回はサイドバックの役割・動き方を紹介したいとおもいます。

スポンサーリンク

サイドバックの役割について

サイドバックというと、最終ラインの両端に位置するポジションですよね。文字通り「ディフェンダー」とつくので守備はもちろん大事なのですが、現代におけるサッカーでは攻撃も重視されるポジションとなっています。

日本代表で長友選手の動きを見るとわかるのですが、彼は90分間ずっと守備をしているわけではありません。相手陣内に侵入するオーバーラップから、クロスを上げている場面をよく見ますよね。

こういったオーバーラップで相手の陣内に侵入するという攻撃的な動きが求められるのです。守備だけでなく攻撃の役割も重要なサイドバックってとても大変じゃない?と思いますよね!そうめちゃくちゃ大変なポジションなんです!

運動量が必要

サイドバックは守備も攻撃もこなすポジションなので運動量がかなり要求されるポジションです。90分間の試合を通して、上下運動をひたすら繰り返すポジションなので本当に大変なポジションです。
日本代表でいうと長友選手がサイドバックをしていますが、試合終盤でも走りまくっている光景を多々見ると思います。本当に体力おばけだと思います。

1対1に強い

サイドバックは1対1をこなす場面が一番多いポジションではないかと思います。守備における1対1でサイドをえぐられてしまうと、フリーで正確なクロスを上げられたり・中央にドリブルで侵入を許し、シュートを撃たれるかもしれません。サッカーにおける1対1は本当に重要で1人でもかわされると、マークがずれ、失点の可能性がグッと上がってしまいます。ですので1対1で簡単に突破を許さない事が重要です。

積極的な攻撃参加

冒頭でも紹介している通り、サイドバックは守備だけでなく攻撃も重要なポジションです。相手の陣内に侵入するオーバーラップをひたすら繰り返し、相手の陣内にえぐりこむ動きやクロスを上げることが求められます。こういった動きは相手の陣形を崩すといった役割も担っています。味方選手がぴったりとマークされていて攻め込むスペースがない場合、縦横無尽な動きで相手陣内に入り込む動きでマークを分散させるといった働きもできるのです。日本代表がワールドカップ予選などでアジアの国と対決するときは大抵守備的をとられ、ほとんどスペースがない場面が多いです。こういったスペースがない状態を崩すときにサイドバックの動きが重要になってきます。

クロスの正確性

サイドバックの選手はオーバーラップから中央の選手にボールを上げる、クロスの場面が多々あります。そこで重要なのがクロスの正確性です。
クロスを上手く味方選手に上げられるかどうかで、得点につながるかどうかが決まってきます。オーバーラップはひたすら繰り返すのだけど、クロスの正確性がイマイチ・・という選手は現代サッカーにおいて厳しいかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか。
サイドバックは守備はもちろんのこと、攻撃も求められるポジションなので90分間ずっと上下運動を繰り返す運動量を求められるポジションです。サッカーで一番運動量が求められるポジションではないでしょうか。
現代サッカーでは攻撃の起点にもなりうるサイドバックはこれからも重要なポジションとして扱われること間違いなしでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド

コメント

  1. 匿名 より:

    zzz