イラク戦、後半は給水タイムなし・・審判のジャッジに物議を醸す

2017年6月13日に行われた、サッカーロシアワールドカップアジア最終予選グループB「イラク対日本」は1-1の同点に終わりました。

気温37度という、ありえない環境の中で日本代表はかなり苦しい戦いを強いられます。

けが人が続出する中で、交代枠を全て使い切ってしまった日本は、後半終盤は本当に死闘でした。

その中で疑問だったのが、後半には給水タイムがなかったところ。この37℃というハンパない暑さで給水タイムがないのは、疑問に思います。

給水タイムは前半にはあったのですが・・・。また、前半には大迫のPK疑惑シーンもありました。

2017年6月13日に行われた、サッカーロシアワールドカップアジア最終予選グループB「イラク対日本」で、前半に大迫がペナルティーエリアで倒さ...

中国人審判団のジャッジに物議を醸しだされています。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド