【海外の反応】鹿島VSアトレティコ・ナシオナルのビデオ判定によるPKが物議を醸す

クラブワールドカップ2016準決勝の鹿島VSアトレティコ・ナシオナル戦における、ビデオ判定によるPKに関する海外の反応をまとめてみました。

このビデオ判定方式は、FIFAの主要大会でクラブワールドカップ2016年で初めて導入された、新たな歴史を刻んだ大会となります。

さらに鹿島アントラーズが、このビデオ判定での初めてのPKを獲得した、歴史的瞬間でもありました。

では、反応をまとめます。

スポンサーリンク

海外の反応

ビデオ判定によりPKを獲得した動画
https://streamable.com/yafb

彼らはビデオ判定の時間を短くする必要があると思います。待っている時間が嫌です。

特にこのようなことが何度もゲームに起こると、あまりにもゲームを遅くすることになります。

このビデオ判定は本当に意味をなさない…プレイを続ける、私たちがやっているリプレイを見ているリファレンスを持って、ピッチレファレンスの決定を上書きする完全な権限を与える…決断についてのイヤホンへのメッセージを一度送る決定が下される。合計10?20秒。
なぜ、私たちが何かを見ているのを見ているのですか?そして、「私たちは何かを得たと思います。ここまで走って見てください」、これはとてもダムなので、時間の無駄です。

私は、ビデオ判定を実施してさらに多くの罰則を受けるように感じています。

個人的には、試合を公正にすることができれば遅れても構いません。私は非常に多くの試合が間違ったコールによって決定されているのを見ました。
数日間の不愉快な論争と試合の遅延の30秒だったら、どっちがいいでしょう。

私はこれが好きではない。私はこの1ビットも好きではありません。

これはゲームを何度も中断し、審判を怠惰にするでしょう、彼らは常にビデオリプレイに頼りになります。
少なくとも、実装が変更されなければ、これはフットボールをめちゃくちゃにするだろう。

彼はオフサイドだった

彼らがオフサイドの場合でも、ファウルはファウルとなります。オフサイドだったとしても、相手はあなたのためにファウルを取り除くことはできません。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド