アトレティコ・ナシオナルの注目選手などを紹介!

クラブワールドカップ2016に南米王者として参加する「アトレティコ・ナシオナル」の注目選手などを紹介します。

アトレティコ・ナシオナルはクラブワールドカップ2016に準決勝から登場し、開催国王者の鹿島アントラーズと対戦します。

では、強豪チームの多い南米を制したアトレティコ・ナシオナルはどういったチームなのか、簡単に紹介します!

スポンサーリンク

アトレティコ・ナショナルについて

アトレティコ・ナシオナルは、コロンビアの都市メデジンを本拠地とするサッカークラブです。

来年が創立70周年となるクラブで、国内選手権での15回も優勝している強豪クラブです。

さらには今年、南米クラブ王者を決めるリベルタドーレスカップの決勝に進み、インデペンディエンテ・デル・バジェ(エクアドル)を1-1、1-0の1勝1分で破り、27年ぶり2度目の南米制覇を成し遂げました。

1989年にトヨタカップに出場

アトレティコ・ナシオナルはクラブワールドカップの前身であるトヨタカップに出場しました。
コロンビアの象徴的スターだったGK「イギータ」等を擁したアトレティコ・ナシオナルは決勝まで進み、当時世界最強とうたわれたACミランと対戦しましたが、延長戦の末敗れ準優勝に終わりました。

そのイギータがツイッター上でアトレティコ・ナシオナルを応援しています笑

基本フォーメーション

システムは4-2-3-1です。

FW

ボルハ

MF

イバラグエン
M・トーレス
ベッリオ
エニト
アリアス

DF

ディアス
エンリケス
F・アギラール
ボカネグラ

GK

アルマーニ

注目選手

FWミゲル・ボルハ

リオ五輪でコロンビア代表として出場した1993年生まれの若きエースです。
コロンビア代表は、グループステージでは日本と対戦しましたね。

ミゲル・ボルハはガッチリとした体格生かしたポストプレーを得意とするプレーヤーで、ボックス内で力を発揮するストライカータイプの選手です。

DFフェリペ・アギラル

こちらもリオ五輪のコロンビア代表した1993年生まれの若い選手。
身長が190㎝もあるので、空中戦に強い選手です。フリーキックやコーナーキックなどのセットプレーで武器である身長が生かされるでしょう。

DFファリド・ディアス

左サイドバックの選手で
今年6月に行われたコパ・アメリカ(南米選手権)のコロンビア代表として出場しました。
スピードが何と言っても武器で、サイドを駆け上がるオーバーラップに期待です。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド