森保監督は解任すべき!辞めろという声が大多数になる【U-23日本代表アジア予選敗退】

2020/01/12に行われた「U-23日本代表vsU-23シリア代表」で、まさかの1-2で敗れた日本代表は、オリンピックアジア予選敗退となり、森保一監督解任論が浮上しています。

初戦のサウジアラビアに1-2で敗れてしまった日本代表は、シリアに負けてしまうと「グループステージ敗退」の窮地でしたが、試合終盤にカウンターから逆転ゴールを許し、まさかの1-2で敗戦でグループステージ敗退となってしまいました。

まさかのグループステージ敗戦となり、森保一監督の解任しろ!という声がネット上で大多数となっています。

スポンサーリンク

森保監督は解任すべき!辞めろという声が大多数になる【U-23日本代表アジア予選敗退】

オリンピックアジア予選2連敗でグループステージ敗退という情けない結果となってしまった森保一U-23ジャパン。

初戦のサウジアラビア、2戦目のシリアにまさかの2連敗となってしまい、グループステージ敗退となってしまいました。日本代表は東京オリンピックの開催国枠なので、オリンピック出場枠は確保していますが、開催国でなかったら出場権を逃してしまったという事になります。

森保監督は、これまでU-23日本代表のベースである3バックで試合に挑みました。しかし、いずれの試合も攻撃の形をなかなか作ることができず、相手に先制点を奪われる後手後手の試合展開となります。

森保ジャパンの試合をみていて思ったのは、攻撃の形がチームとしてあまりないこと。チームとして連携して崩すことができないので、結局個の力頼りという印象でした。

サウジ戦、シリア戦どちらも個の力で打開したゴールでしたし、もっと相手が強くなるオリンピック本番だったら、厳しいものとなるでしょう。

もちろん監督だけの責任ではないと思いますが、日本代表協会と森保監督は、オリンピック開催国枠でなければ、「オリンピック出場枠を逃していた」という事実を重く受け止める必要があると思います。

「オリンピック金メダルを目標」としていたチームが、「アジア予選敗退」というのは恥ずかしすぎます。オリンピックで金メダルを本気で取ろうと思うのなら、森保監督解任まったなしでしょう。

スポンサーリンク

みんなの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド