【ルヴァンカップ決勝】川崎フロンターレ対コンサドーレ札幌の審判がひどいと話題に

2019年10月26日行われた【ルヴァンカップ決勝】川崎対札幌の審判がひどいと話題になっています。

そのシーンとなったのは、延長後半終了間際でした。延長後半3-3の終盤で、札幌のコーナーキックから川崎フロンターレのカウンターのチャンスでしたが、札幌のオフサイドを流すことなく笛を吹き、川崎Fの小林悠は猛抗議していました。

試合をとめることなく続けていれば、川崎のビッグチャンス到来でしたが、残念ながら審判はオフサイドを流すことはありませんでした

ネット上では「審判くそすぎ」「札幌買収したのか?」「まああれはオフサイドだから笛吹くわな」といった声があがっていました。

【ルヴァンカップ決勝】川崎フロンターレ対コンサドーレ札幌の審判がひどいと話題に

スポンサーリンク

【ルヴァンカップ決勝】川崎フロンターレ対コンサドーレ札幌の審判がひどいと話題に

延長後半終盤、審判が札幌のオフサイドを流さなかったシーン【動画】

スポンサーリンク

スポンサーリンク

【ルヴァンカップ決勝】川崎フロンターレ対コンサドーレ札幌の審判がひどいと話題に

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド