UAEのアフロ・10番オマルに注意せよ!プレースタイルや海外クラブ移籍について紹介!

W杯サッカーアジア最終予選で日本代表は2017年3月23日にアウェーでUAEと対決します。現在苦しみながらも2位の日本は次のUAE戦を絶対に落とす事はできません。

しかし対決するのはアジア最終予選の初戦でホームながらも負けてしまったUAE。まさかの敗戦となりましたが、間違いなく自力のあるチームなので難しい試合になることでしょう。

UAEの選手の中でも要注意選手がUAEの天才と呼ばれるアフロが特徴的な10番、オマル・アブドゥルラフマンです。前回の対戦でも10番オマルに翻弄される場面が多々見られました。
今回はそんな要注意人物、10番オマルについて紹介します!

スポンサーリンク

UAEのアフロ・10番オマル・アブドゥルラフマンの経歴

本名:オマル・アブドゥラフマン
国籍:UAE(アラブ首長国連邦)
所属クラブ:アルアイン(UAE)
生年月日:1991年9月20日
身長:173cm
体重:60kg
利き足:左足

2010年に19歳という若さでA代表に出場したオマルは2012年のロンドンオリンピックにもUAE代表の一員として出場しました。ロンドン五輪でUAEはグループリーグ敗退となってしまいますが、オマルの華麗なテクニックや正確なパスが海外のスカウト陣に注目されるような活躍を見せます。その後アジアカップ2015では日本代表と準々決勝で対決し、彼の活躍もありPK戦の末勝利。
所属クラブはUAEのアルアインで背番号は10番です。昨年はACLで決勝まで進出したチームですね。元Jリーガーのカイオやドウグラスが所属しているチームです。

オマル・アブドゥルラフマンのプレースタイル


オマルはまさに10番タイプの選手です。足元のテクニックが非常に高く正確なパスが出せる司令塔タイプの選手です。日本でいうと中村俊輔選手と同じようなタイプではないでしょうか。
また予想もしないプレーをすることが多く、創造性にあふれた選手だと思います。こういった選手は最近ではなかなか見られないので、プレーを見ていて面白い選手だと思いますね!

海外クラブへの移籍は?

オマルは海外クラブからの注目も高く、マンチェスターシティーの練習に参加したり、バルセロナやマンチェスター・シティ、アーセナル、バレンシア、ドルトムントといったビッグクラブからも関心を受けたと言われています。残念ながらクラブが要求する移籍金が高く実現はしませんでしたが、海外のビッグクラブからも注目される逸材です。

まとめ

いかがだったでしょうか。
オマルは若いころからUAEの天才と呼ばれた選手です。彼の魅せる華麗なテクニックは意外性がありみていて楽しいですが、日本代表戦では本領を発揮して欲しくない選手の一人ですね(笑)
日本代表は過去に彼に何度かやられてしまっているので、彼を自由にプレーさせないことが重要です。オマルをフリーにさせてしまうと決定的な仕事をしてきますからね。
日本代表戦では彼を以下にうまく抑えられるかが勝敗を左右するでしょう!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド