日本代表対ミャンマーのテレビ放送と注目ポイント【W杯2次予選】

2019年9月10日に行われるサッカー日本代表対ミャンマー代表のテレビ放送情報についてお届けします!

カタールW杯2022に向けてのアジア予選がいよいよスタート!重要な開幕戦となる対戦相手は、ミャンマーです。

ミャンマーは格下のチームとなりますが、アウェーでの対戦となるので気を抜けない戦いとなることでしょう!

初戦は重要な一戦となるので、まずは勝利という結果が欲しいですね!では、紹介します。

スポンサーリンク

日本代表対ミャンマーのテレビ放送

キリンチャレンジカップ「日本対ミャンマー」は、

2019年9月10日(火)21:20よりヤンゴン(ミャンマー)にて

にて開催されます。

テレビ放送予定は以下の通りです。

放送日 放送時間 チャンネル 形態
2019年9月10日(火) 21時00分~23時24分 日テレ系列 LIVE

解説
北澤豪(元日本代表MF)
実況
田中毅
リポーター
川畑一志

日本vsミャンマーの対戦成績

日本代表vsミャンマー代表の対戦成績は以下の通りです。

  • 1勝0分0敗

ここ2試合の対戦成績は、以下の通りです。

日付 対戦相手 スコア 大会
1994/10/09 ミャンマー ○5-0 親善試合

FIFAランキングは以下の通りです。

  • 日本FIFAランキング33位
  • ミャンマーFIFAランキング135位

スポンサーリンク

注目ポイント

昨年ロシアW杯で日本代表ベスト16という好成績を残し我々に感動を与えてくれましたが、早速2022カタールW杯への戦いがスタート!

日本代表はW杯2次予選の初戦でミャンマーと対戦します!

ミャンマーというチームをあまり聞きなれないと感じる人も多いのではないでしょうか。それもそのはず。日本代表は過去に一度だけしか対戦したことがありません。

ミャンマーFIFAランク135位で格下のチームですが、アウェーという環境+初戦ということで、気が抜けない戦いとなるでしょう。

ミャンマー戦の前に行われた親善試合パラグアイ戦で、日本代表は2-0で勝利しました。

攻守ともにバランスの良い戦いができていて、パラグアイを圧倒しました。結果だけでなく内容も素晴らしいサッカーができていたので、ここ数試合のベストゲームといえる出来だったと思います。

特に堂安、南野、中島、大迫のホットラインが素晴らしかったです。簡単にボールを奪われませんし、前への推進力もあって、多彩なコンビネーションを見せてくれました。

後半から出場した久保建英も注目です。まだ周りとの連携がイマイチでしたが、個人で打開できるだけの力を証明しました。得点チャンスもあったので、決めて欲しかったですが。

ミャンマー戦は、パラグアイ戦のスタメンと同じメンバーで臨むのではないでしょうか。パラグアイ戦の出来は素晴らしかったですし、あのサッカーができればミャンマーを圧倒できると思います。

日本代表戦が予選2試合目となるミャンマーは、初戦モンゴル戦で0-1で敗戦となりました。

ミャンマーの戦いとしては、引いて守ってカウンターを狙うと思います。なので、ボール保持率が高くなる日本代表は、カウンターに気をつけなければなりません。

スポンサーリンク

ミャンマー戦の予想スタメン

■GK
権田修一
■DF
酒井宏樹
吉田麻也
冨安健洋
長友佑都
■MF
橋本拳人
柴崎岳
堂安律
南野拓実
中島翔哉
■FW
大迫勇也

パラグアイ戦のスターティングメンバーと同じメンバーでミャンマ戦にも挑むのではないでしょうか。重要な初戦となりますので、森保ジャパンのベストメンバーで臨むでしょう。

注目は久保建英選手でしょう。途中出場となる可能性が高いですが、代表最年少ゴールにも期待がかかります。先日のパラグアイ戦でいいプレーを見せていたので、ゴールを決めて欲しい。

日本代表招集メンバー

▽最新メンバー一覧(19年8月30日発表)

GK
1.川島永嗣(ストラスブール/フランス)
12.権田修一(ポルティモネンセ/ポルトガル)
23.シュミット・ダニエル(シント=トロイデン/ベルギー)

DF
2.植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)
3.安西幸輝(ポルティモネンセ/ポルトガル)
4.畠中槙之輔(横浜F・マリノス)
5.長友佑都(ガラタサライ/トルコ)
16.冨安健洋(ボローニャ/イタリア)
19.酒井宏樹(マルセイユ/フランス)
22.吉田麻也(サウサンプトン/イングランド)

MF
6.遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)
7.柴崎岳(デポルティーボ・ラ・コルーニャ/スペイン)
8.原口元気(ハノーファー/ドイツ)
9.南野拓実(ザルツブルク/オーストリア)
10.中島翔哉(ポルト/ポルトガル)
13.橋本挙人(FC東京)
14.伊東純也(ゲンク/ベルギー)
17.久保建英(マジョルカ/スペイン)
20.板倉滉(フローニンヘン/オランダ)
21.堂安律(PSV/オランダ)

FW
11.永井謙佑(FC東京)
15.大迫勇也(ブレーメン/ドイツ)
18.鈴木武蔵(北海道コンサドーレ札幌)

参考:JFA

スポンサーリンク

みんなの反応

まとめ

ミャンマー戦の情報をお届けしました。
重要なワールドカップ二次予選初戦となるミャンマー戦ですから、まずは勝利という結果が欲しいところですね。

ゲーム展開によってはいろいろな選手を試すこともできると思うので、前半でゲームを決めて余裕のある試合を期待します。

久保建英のマジョルカ戦の試合情報は下記記事をどうぞ!

参考【久保建英】マジョルカ戦のテレビ放送・ネット中継について!試合を観るには?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド