【東アジアE-1】日本代表対中国のテレビ放送と注目ポイントについて

2017年12月12日に行われる E-1サッカー選手権男子「日本代表対中国」のテレビ放送情報などを紹介します。

12/9に行われた初戦・北朝鮮戦では、後半ロスタイムに井手口のスーパーミドルシュートにより、1-0で劇的勝利を収めた日本代表!

この勢いのまま、中国戦も勝利してもらいたいところ!

また、2018年W杯に向けて、国内組のアピールができるラストチャンスと言われている大会ですので、どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです!

では、紹介致しましょう。

E-1サッカー選手権の全テレビ放送については↓

東アジアE-1サッカー選手権の日本代表戦テレビ放送と日程について【男子&なでしこ】

スポンサーリンク

【東アジアE-1】日本代表対中国のテレビ放送

国際親善試合「日本対中国」がいつ行われるかというと、

12月12日(土)19:15より東京の味の素スタジアムで試合が行われます。

テレビ放送予定は以下の通りです。

放送日 放送時間 形態
12月12日(土) 午後7時00分〜午後9時24分 フジ LIVE

■MC:ジョン カビラ 鈴木 唯 アナウンサー

■解説:山口 素弘 宮本 恒靖 小野 伸二

■実況:西岡 孝洋 アナウンサー

■リポート:木下康太郎 アナウンサー)

日本vs中国ここ最近の対戦成績

日付 対戦相手 H/A スコア 大会
2015/8/9 中国 A △1-1 東アジアカップ
2013/7/21 中国 A △3-3 東アジアカップ
2010/2/6 中国 H △0-0 東アジアカップ

中国とのここ最近の対戦成績は上記の通りで、通算成績は9勝8分9敗です。

上記通算成績をみてもらうとわかる通り、ほぼ互角です。ここ3試合では勝ちがないので、そろそろ勝利してもらいたい所ですね。

ちなみに、2015年の東アジア選手権では、中国に先制点を許すも、武藤のゴール追いつき1-1のドローでした。

スポンサーリンク

注目ポイント

E-1サッカー選手権の2戦目は中国戦という事ですが、中国代表は体格が大きいので、日本代表が苦手とするタイプといえます。また名将リッピ監督が率いるチームなので、日本の弱点を付いたサッカーをしてくるのではないでしょうか。

また、中国代表は初戦の韓国戦を2-2で引き分けたので、侮れないチームだと思います。

対する日本代表は、初戦・北朝鮮代表で井手口の後半ロスタイム弾により、劇的勝利を収めました。

前半は怖さのないパス回しが目立ち、なかなかいい形が作れませんでしたが、後半途中に伊東純也という、相手陣内で仕掛けることができる選手が投入され、徐々に攻撃面でいい形を作れるようになりました。

北朝鮮戦では、伊東純也というA代表でもできる選手が判明したので、中国戦でもそういった選手の台頭を期待したいところですね。

スポンサーリンク

中国戦の予想スタメン

GK 中村航輔
DF 室屋成、植田直通、昌子源、山本脩斗
MF 三竿健斗、井手口陽介、大島僚太
FW 小林悠、川又堅碁、伊東純也

久々に代表復帰となった大島僚太に期待!彼のパスセンスはかなり凄いので、代表でも発揮して欲しいなと思います。

最前線には川又堅碁の起用を期待します。中国戦で途中出場し、いい動きを見せていたので、スタメン起用もあるのではないでしょうか。

中国戦のスタメン

▼GK
1 東口順昭

▼DF
3 昌子源
6 三浦弦太
21 山本脩斗
22 植田直通

▼MF
10 大島僚太
13 土居聖真
17 今野泰幸

▼FW
7 倉田秋
11 小林悠
14 伊東純也

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。

E-1サッカー選手権の初戦・中国戦の情報をお届けしました。

中国はなかなか手ごわい相手ですが、ホームでの開催となるので、日本代表には気持ちよく勝って欲しいなと思います!


E-1サッカー選手権の全テレビ放送については↓

参考東アジアE-1サッカー選手権の日本代表戦テレビ放送と日程について【男子&なでしこ】

浦和レッズ・レアルマドリード・パチューカ本田が出場!↓

参考クラブワールドカップ2017のテレビ放送と日程について!出場クラブも紹介!【CWC】

パチューカ本田の準決勝情報はこちら!

参考【クラブワールドカップ】パチューカ本田対グレミオのテレビ放送と注目ポイント

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド