イグアイン、中国から年棒58億円のオファーを受けるも断る。中国マネー恐るべし。。

free-illustration-money-01

▽ナポリに所属するアルゼンチン代表FWゴンサロ・イグアイン(28)は、中国スーパーリーグの河北華夏から提示された年棒5000万ユーロ(約58億円)のオファーを拒否したようだ。イタリア『Il Mattino』が伝えている。

▽『Il Mattino』によると、今冬にアルゼンチン代表FWエセキエル・ラベッシやコートジボワール代表FWジェルビーニョ、カメルーン代表MFステファン・ エムビアなどを”爆買い”した河北華夏が年棒5000万ユーロのメガオファーを提示したが、イグアインがこれを拒否したという。

http://web.ultra-soccer.jp/news/view?news_no=245694

恐るべし・・中国マネー。先日イタリア代表ペッレが世界5位の年棒でサインしたように、中国サッカーはハンパないです。今回イグアインに年棒58億円という破格の値段を提示しましたが断りでした。

では、海外の反応をみてみましょう。

スポンサーリンク

海外の反応

バルサファン

これらの中国のクラブは一体なんなんだ!!

アーセナルファン

あなたの友人に伝えるためにお金を使うようなものだ「ちょっと私はあなたより多くのお金を持って見て

バルサファン

この時点で、それも良いビジネス戦略ではありません。彼らはどのようにこのような費用を回収するつもりですか?

匿名

彼らは中国リーグの認知度を高めるために、ビッグ選手にお金を投げている推測しています。

ポルトガル

彼らはちょうどいくつかの有名な人々使用して独自のシーンを構築しようとしていて、市場からヨーロッパ削除しようとしていません

中国人はたくさんいますそれらのいくつかは、屋根を通してスポーツやKABOOM、利益に関心であるために彼らが必要とするすべてがあります。それは限り中国の人々はヨーロッパがオフに優れている場合、彼らは本当に気にしない彼らのリーグを気にしたように、彼らはまだ何百万を作ることだろう、ヨーロッパとの競合についてではありません。

真剣に、中国が愛する何かになるための最良のビジネスがある。それは、彼らがやろうとしてしたならば、中国はサッカーを愛するでしょう。

非公開

こんだけお金がもらえるなら、たとえ中国に住みたくなくてもオファーを引き受けるだろうなぁ。中国かイタリア。。それは決して難しい選択ではないし。

イングランド

僕はたとえこれだけのお金が手に入ったとしても、中国には住みたくないね!

トッテナムファン

イグアインと彼の代理人は、彼はそのお金ほとんどを見ていないと彼は現時点で再生されているようそれはかなり愚かな賭けになるチャンスがあると認識しているのではないでしょうか。ドログバやアネルカ中国やインドに行って、彼らがサインアップしたお金を受け取って終了しませんでした

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド