サッカーの試合でエスコートキッズを連れて入場する理由とは?

JFA

サッカーの試合で選手が子供たちと一緒に入場するシーンをよく見ますね!

Jリーグや日本代表戦や海外サッカーでもサッカーの入場シーンでエスコートキッズを連れて入場している場面を多々見ます。

では、なぜエスコートキッズを連れて入場するのでしょうか?今回は一緒に入場する目的について調べてみました。

スポンサーリンク

エスコートキッズを連れて入場する理由とは?

エスコートキッズを連れて入場する理由とは、選手にフェアプレーの精神を忘れないようにするためとのこと。

接触プレーの多いサッカーでは、ヒートアップし思わずラフプレーをする場面が多く見られますよね。

特にワールドカップ予選など負けられない試合で試合が硬直状態な場合に、ヒートアップしてイエローカードやレッドカードが提示されるといったシーンは見たことがあるのではないでしょうか。

そこで子供たちも試合を見ているという事を、意識させ、子供たちの手本になるフェアプレーを心がけてほしいという思いで採用されました。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか。子供の手本になるフェアプレーを意識させるためにエスコートキッズが採用されたんですね!

将来サッカー選手になりたい子供たちにとって、日本代表やJリーガーと手をつないで入場するという場面は、一生の宝物になるはずです。

エスコートキッズにはそういった意味合いがあるとしって、少しほっこりしました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド