オーストラリアvsシリアのテレビ放送・ネット中継について【サッカーアジアプレーオフ】

サッカーW杯アジアプレーオフ オーストラリアvsシリアがホームアンドアウェー方式で10/5と10/10に行われます。

このアジアプレーオフ制した国は、北中米カリブ海予選で4位の国と対戦し、こちらもホームアンドアウェー方式で試合が行われ、勝利したチームがW杯出場となります。

上記のようにW杯出場をかけてかなり厳しい試合が続きます。

第1戦では、シリアホームで行われ1-1のドロー。

アウェーゴールを奪ったオーストラリアが有利な状況となりますが、第2戦で全てがきまります。

では、オーストラリアvsシリアのテレビ放送・ネット中継について紹介します。

スポンサーリンク

アジアプレーオフについて

W杯アジア出場国枠は4.5枠で、9月に終了したW杯アジア最終予選で4枠(日本・サウジアラビア・イラン・韓国)が決定しました。

アジアプレーオフは0.5枠をかけた試合のことで、W杯アジア最終予選グループA・Bの各グループ3位同士で試合が行われ、ホームアンドアウェー方式で勝者が決定。

アジアプレーオフを制した国は、北中米カリブ海予選で4位の国と対戦し、こちらもホームアンドアウェー方式で試合が行われ、勝利したチームがW杯出場となります。

残り僅かなW杯出場権をかけての試合となる、まさに絶対に負けられない戦いとなります。

アジアプレーオフ2017に参加する国は、グループAの3位シリアとグループBの3位オーストラリアです。

オーストラリアvsシリアの日程とテレビ放送について

残念ながら、オーストラリアvsシリアのテレビ放送は見当たりませんでした。

アジアプレーオフという絶対に負けられない試合なので、放送があるのかと期待したのですが残念です。

オーストラリアvsシリア戦の試合日程は以下の通りとなっています。

スポンサーリンク

アジアプレーオフ1stレグ シリアvsオーストラリア

10月5日(木) 21:30キックオフ

開催地ハン・ジェバ・スタジアム(マレーシア)

※シリアは内戦のため、ホームゲームを第三国で開催

試合結果

シリア1―1オーストラリア
前半40分 ロビー・クルーズ [オ]
後半40分 アル・スーマ [PK・シ]

前半40分
レッキーのシュート性のボールを、クルーズが冷静に流し込み、オーストラリアが先制!

後半40分
シリアがPKを獲得。
アル・スーマがきっちり決め、1-1の同点に。

スポンサーリンク

アジアプレーオフ2stレグ オーストラリアvsシリア

10月10日(火) 18:00キックオフ

開催地スタジアム・オーストラリア (オーストラリア・シドニー)

ネット中継

YouTubeライブ①

Youtubeライブ②

第2戦試合結果

オーストラリア2―1シリア(合計オーストラリア3-2 シリア)
前半6分 アル・スーマ [シ]
後半13分 ケーヒル [オ]
延長後半4分 ケーヒル [オ]

オーストラリア、北中米カリブ4位とのプレーオフ進出へ

前半6分 シリア先制 アルスーマが決める
オーストラリア 0-1 シリア(合計オーストラリア 1-2 シリア)

スポンサーリンク

前半13分 オーストラリア同点 ケーヒルが決める

オーストラリア 1-1 シリア(合計オーストラリア2-2 シリア)

後半終了!
オーストラリア 1-1 シリア(合計オーストラリア2-2 シリア)のため、延長戦へ

<延長戦>

延長後半4分 オーストラリア逆転!
ケーヒルがこの試合2ゴール目を決める!

オーストラリア 2-1 シリア(合計オーストラリア3-2 シリア)

スポンサーリンク

?展望

これまでアジア予選を難なく突破してきたオーストラリアと、最終節イランと劇的な同点弾によって3位を死守したシリアとの一戦になります。

オーストラリアは、これまで恵まれたフィジカルを生かした放り込みサッカーで、アジアでは敵なし状態が続いていましたが、

ポステコグルー監督就任により、これまでと全く違う、パス中心のサッカーに変貌。

しかし、W杯アジア最終予選3位となってしまったことから国内では「結果が出ていない」と批判の的になっているんだとか。

対してシリアは、着々と力をつけているチームで、最終節では強豪イランと敵地で劇的な同点ゴールで3位を死守。

国内情勢が不安定でホームゲームが開催できないという大きなアドバンテージがありながらも、この結果というのは凄いと思います。

総合的な力で見れば、オーストラリアが上であるかと思いますが、何が起こるのかわからないのがサッカーです。

アジア枠0.5枠をかけた絶対に負けられない戦いは、どういった展開になるのか非常に楽しみですね。

スポンサーリンク

?まとめ

いかがだったでしょうか。

アジアプレーオフは残り0.5枠をかけた死闘となることでしょう。

またアジアプレーオフ勝者は、北中米カリブ海4位と戦うという、本当に厳しい戦いが待っています。

日本代表がもし、プレーオフに進出していたと思うと、ぞっとしますね。無事2位以内に入って本当によかったです。

W杯をかけた戦いがどういった展開になるのか、楽しみです。

関連記事

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連アド